Maui Craft Tours
Maui Information Guide
Maui Map
Maui Beaches

マウイ島の最高峰ビーチ

Maui Beach Guide

マウイにある最高峰のビーチをお探しですか?それでしたらこれからご覧頂くマウイ・ベストビーチガイドにおまかせください。豊富な地域情報に基づき、あなたとお友達、またはご家族に最適のビーチを見つける事が可能です! (Español or English)

マウイを訪れると、掲載されている以外にも海岸沿いに様々なスポットが分散しています。ここでは、典型的な砂浜のビーチのみを取り扱います。If you're looking for スノーケルスポット, スキューバダイビングスポット, サーフィンスポットウエディング用ビーチをお探しの場合は、該当セクションをご覧下さい。

南部 西部北部東部

Maui Beach Map

 

南部マウイビーチ

マケナビーチ – 通称オネロア、ビッグビーチ・マウイ

Big Beach

マウイ等の南部、マケナ・アラヌイ通り沿いに位置するビッグビーチは、私たち自信を持ってオススメできる、マウイが誇る最高のビーチです。オレンジと白の混ざり合った最高の砂に覆われ、ドラマティックな情景とブルーグリーンの輝く海に出会えます。ここでは珊瑚が少なからず生息しており、海底から水面にトロピカルな輝きを与えています。マケナビーチ(ビッグビーチ)には三つのイリグリがあります。一つ目は最も大きな駐車場のあるエリアで、リトルビーチの目と鼻の先にあります。二つ目の入り口にはやや小さい舗装された駐車場が併設。三つ目は未舗装の駐車場のみです。また最初の二つに比べてビーチの規模も小さいです。

ビッグビーチは、傾斜の有る海岸線とショアブレイクが有名です。 スキムボード、ボディボード、ボディサーフィンが人気なのもこれが大きな理由です。お子様や初心者スイマーの方には、大きな波のうねりに対しての注意が必要です。強力な波にのまれると、あっという間に砂際に身体を打ち付けられてしまう事があります。ここでのシュノーケリングはおすすめできません。ショアブレイクのコンディションから、サーフィンもこの地域では行われていません。ビッグビーチには公衆トイレ、ピクニックテーブル、大木に囲まれた日陰場所があります。 ビーチを歩く際には注意が必要です。木のトゲが地面に散乱しているのです。歩行中にサンダルにこれらのトゲが巻き込まれる事が多く見受けられます。木の側では裸足での歩行は危険です。木の側を抜けるまではサンダルを脱がないように気をつけて下さい。北の方に行くとすぐ、リトルビーチへ通じる小道もあります。

 

リトルビーチ

Little Beach

マウイには、(非合法的ですが)ヌーディストビーチがいくつかあり、リトルビーチはそのメッカでもあります。ここでの波はボディサーフィンに最適で、時としてはサーフィンにも適しており、また日中の時間帯によっては全裸の人々に遭遇する事もあります。サウス・スウェルやサウスウエスト・スウェルの期間なら、(天候によりますが)サーフィンを思う存分満喫できます。ビーチ南部に位置する珊瑚によるレフトハンドブレイクを楽しむ事ができます。このビーチの美しさは、まさに最高峰。毎週日曜日には、普段より多くの人々が訪れてまた違った表情のリトルビーチを垣間みる事もできます。日暮れ時には、円になって演奏される太鼓のリズムをバックに、泳いだり疲れをいやしながら、一日の終わりを皆で祝福します。そして暗くなると、リトルビーチはよりスペクタクルな表情を見せるのです。火の周りにヌーディストや衣服を着た人々が集まり、皆で踊り始めます。リトルビーチのファイヤーダンサーたちは素晴らしい人々です。時にはプロのファイヤーマジシャンが現れて、独特の衣装をまとって火の玉を操ったりしてくれます。リトルビーチでは、炎を用いたありとあらゆるエンターテイメントが満載で、あなたの想像力をかき立てます。燃え盛るフラフープや、ブラトップなど、あらゆるものが登場するのです。毎週日曜夜に、このようなセレモニーに参加する事が可能です。もちろん、衣服を着たままでの参加も問題ありません。夜間の安全の為に懐中電灯を持参して下さい。最近では警察の指導によりイベントは午後8~9時までとなっているので、マウイの誇るリトルビーチを楽しむ為にはなるべく早めの到着をおすすめします。

 

カマオレビーチパーク 1, 2, 3

Kamaole beach Parks三カ所のカマオレビーチは、友達と訪れるのに最適のビーチです。一つ目は、その中でも最大規模の北部カマオレビーチ。二つ目は、小規模ながらもボディサーフィンに適した良い波が自慢。そして三つ目のカマオレビーチは、マウイ南部の地元の人々に人気が高く、大きな芝生の公園を併設しています。 この地域は普段から、芝生遊びやバーベキューを楽しむ人々で賑わっています。南部のカマオレビーチは小規模ながら大人気。夏のピーク時期には、人々でごった返すほどです。全てのカマオレビーチには、駐車場やその他施設が完備されています。ライフガードやシャワー、トイレ、バレーボールコートまで備わった三つのカマオレビーチには、まさに楽しさが満載です。

マウイを訪れたら体験すべき事ベスト25


チャーリーヤングビーチ

Charley Young BeachカマオレIビーチを北上すると、チャーリーヤングビーチとして知られる大きなビーチにたどり着きます。 素晴らしい景色と砂浜を有するこのビーチ、ご家族や友人と共に過ごすのに最適です。チャーリーヤングビーチには公衆トイレ、シャワーが備わっていますが、ライフガードは常駐しておりません。南キヘイ通りに面した駐車場は、数に限りがあるます。キヘイ地区の中でも、スイミング用途としては最高峰のビーチです。

 

コーブ公園

Cove Parkマウイの中でもコーブは、ロングボードサーフィンで非常に人気が高い地域です。 キヘイのやや南よりを走る南キヘイ通りの先端に位置するコーブは、サーフィンを学ぶにはうってつけのビーチ。ここからキヘイの北に向かうにつれ、海は徐々に濁って行きます。ビーチはとても美しいのですが、スノーケルやダイビング、スイミングに適した水質ではありません。ライフガードを始めとした諸施設はここにはなく、車は道路沿いに駐車しなくてはいけません。マウイビーチを楽しむ為には理想的な環境とは言えませんが、ここでのサーフィンは格別の楽しさがあります。またここでは、マウイサーフレッスンを受ける事も可能です。

 

カラマビーチ公園

Kalama Beach Parkカラマビーチ公園は、多くは砂浜ではないものの広大な敷地を誇り、大規模な集会などにうってつけの場所と言えます。 バスケットボール、野球、サッカー、テニスと言ったスポーツ場も豊富です。バレーボールをプレイしたい方にとって、カラマはまさに夢のような環境なのです。バレーボールコートは夜間でも照明が明るく照らし出します。また小規模ながらスケートパークとローラーホッケーリンクも併設されています。

 

カワカプビーチ

Keawakapu beachご家族とのマウイポートレイト写真に関して言えば、カワカプの右に出るビーチはないと言えます。 観光客には、岩場や日の入りの美しい写真が人気です。個人住居の立ち並ぶ前に広がる長距離ビーチ。最南端には駐車場とシャワーが設置されており、地元の人からも支持を集めています。マナカイ直下にあるファイブパームレストランからは、ビーチの美しい景色を眺める事ができます。

 

マラウアカビーチ

Maluaka Beachマケナビーチ&ゴルフリゾート(元マウイプリンス)の眼前に広がるマラウアカは、マケナの至宝の一つと言っても過言ではありません。このビーチは景色が非常に美しく、スノーケルにも最適で、スイミングも楽しめます。 周辺地区はよく、タートルタウンマウイと呼ばれます。ピクニックエリア、トイレ、シャワーを併設したマラウアカは、マケナビーチ&ゴルフリゾートにほど近い、マウイのなかでも最高峰のビーチなのです。さらにここは、マウイ南部からカイカナニへと向かうビーチクルーズの唯一の乗船場所でもあります。かの有名なモロキニクレーターを訪れたい場合、ここが最寄りの出発地点になります。

 

ポロビーチ

Polo Beachケアラニマウイリゾートの目の前に位置するポロビーチは、その絶景で世界的に有名です。素晴らしい砂に恵まれ、メンテナンスも行き届いています。立地がリゾート地域内なので、混雑している事が多いビーチです。ですが、そんな人の波を物ともしない素晴らしい眺めを楽しむ事ができます。

 

 

ウルア・アンド・モカプビーチ

mokapu Beachモカプとウルアは、マウイの中でもスノーケリングと初心者向けのスキューバダイビングが有名です。この緩やかな海岸線は、南部マウイのほとんどのスキューバスクールでは、マウイ海流の中でも最も易しいダイビングスポットと見なされています。ウルアの南岸は水流が急なので、スノーケリングには不向きです。モカプもウルアも、ゆっくり横になったりスイミングしたりするには最適のビーチです。

 

パーコビーチ – 通称シークレットコーブ、マケナコーブ

Makena Coveマケナにあるシークレットコーブは、その名に反して広く知られています。シークレットと呼ばれる所以は、マケナの宅地からは慣れた場所に位置しているからです。 まさかと思うような岩場を抜けると、想像できなかったような美しいビーチが目の前に現れるのです。 とても小さなビーチですが、よく結婚式が執り行なわれるので、より小さく感じるでしょう。このビーチでは数人だけで、目一杯一緒に楽しんでください。 二つのスポットから海に入る事が可能で、最高のスノーケリングが楽しめます。他の施設はなく、駐車場もごく少数のみになります。

 

ワイレアビーチ

Wailea Beachワイレアリゾートの舗装された歩道を抜けると、そこはとても楽しめるスポットです。ワイレアビーチはレストランとショップが立ち並び、トイレやレンタル施設も豊富です。 観光客でごった返してはいるものの、ワイレアビーチの美しさは絶品です。地元の会社による、巨大な水上トランポリンや立ち漕ぎパドルボードのレンタルも良く見受けられます。

 

ラペロウズ・ベイ

La Perouseラペロウズで有名なのはビーチだけではありません。駐車場からの長い歩道は、火山岩の隆起によってできたものです。黒と赤の岩岩は、地平線に向かってまるで永遠に続くかのようにのびています。水分を十分に補給してアドベンチャーに挑みたければ、ラペロウズを巡るハイキングはとてもエキサイティングなものです。 岩場のそこここに、小さなビーチ(点々とした砂浜)が点在しています。ラペロウズは、 サウス・スウェル期間中の強く危険な波のビーチとしても有名です。その左巻きの波は乾燥した浅瀬でブレイクし、等身大以上の高さに達する場合にのみ波乗りが可能になります。 ここでのルールは、波が小さければ小さいほど危険度が増すという事です。この地域で見られる間に合わせのクロスこそが、珊瑚の危険度を如実に表しています。 このエリアでのスノーケリングやダイビングは、ほかには比肩しないほどのものです。静かにしていればイルカの大群に出会う事もあります。火山地区はマウイの最南端ポイントにあたります。周囲に広がる豊かな溶岩による景色は、ハレカラが最後に噴火したとされる1790年に成形されたと考えられています。

 

ワイプイラニ公園

広大な砂浜と芝生に囲まれたワイプイラニ公園は、イベントを楽しんだり夕日を見るのには最高の場所と言えます。トイレ施設と日陰エリアも完備されています。このキヘイ北部の地域では、水質が濁っているので、コナ風が吹く日のカイトボーディング以外のスイミングを始めとするウォーターアクティビティには不向きです。

 

マイポイナ・オエラウビーチ公園

この長いビーチ公園は、コナ風が吹く期間中、カイトボーディングの名所として名が知れ渡っています。キヘイ北部に位置する美しいビーチは、泳ぐのには適していません。ピクニックテーブルやシャワー、トイレを備え、シーズン中にカイトボーディングやクジラを見学するのには最適な場所なのです。

 

マケナ波止場 - 通称ファイブケイブス、ファイブグレイブス

マケナ通り沿いに位置する波止場は、スノーケリンやスキューバダイビングにはぴったりのスポットです。ビーチは広すぎず、素晴らしい景色を違った場所から楽しむ事ができます。 この地域は海底洞窟とネムリブカの群れが現れる事でも有名です。

 

チャングズビーチ

キヘイに位置するチャングズビーチは、地元の人々の間で高く評価されています。カラマ公園の近くにひっそりと佇む比較的小規模なチャングズビーチには、シャワーやピクニックテーブルを完備しておりますが、ライフガードやトイレ施設はございません。 サウス・スウェルの時期には、サーフィンに適した波が打ち寄せます。この地域はベテランからは気候が変わりやすいと見られている者の、特に夏の期間はサーフィンに最適です。

 

オネウリビーチ

マウイ南部で唯一の赤砂ビーチであるオネウリビーチは、ワイレア・アラヌイ・ドライブから少し離れた場所にあります。ここの砂は ハナ赤砂ビーチのものよりもよりきめ細かく、濃い色のミネラルが混合されています。この砂が生成される噴石丘の頂上へと繋がる山道も、ここから繋がっています。 噴火によって生成された赤と黒の噴石が、腐食によって砂となるのです。オネウリは、釣りやスノーケリング、スキューバダイビング、そしてスイミングに最適ですが、ライフガードやトイレといった施設は備わっていません。サウス・スウェルやウエスト・スウェルの期間中には、大波によってビーチが危険な状態になる事もあります。赤砂は色が濃いため、サンダルなどのシューズの着用をおすすめします。日光によって砂浜が高温に熱されるので、 それらを防ぐ為、または日焼けを抑える為の日陰場所が多くあります。

 

西部マウイビーチ

D.T.フレミングスビーチ公園

Flemings Beachカパルアには、マウイでも最高峰のビーチが集まっています。アイアンウッズからD.T.フレミングスまで、ここの美しいビーチはあなたを虜にすること間違いありません。フレミングスはマウイの最西端、カパルアの北部に位置します。公共のビーチ公園でライフガードや各種施設、ピクニックテーブル、バーベキューグリルなどが完備され、スイミング、ボディーサーフィン、サーフィンに最適な素晴らしい水質を誇ります。また大型の駐車場とゆったりできるサイズの砂浜もございます。マウイの他のビーチと同様、午後になると強い風あおられる事もしばしばです。

 

カアナパリビーチ&ブラックロック

Kaanapali Beach勇敢なダイバーが飛び込む、非常に高度のある火山崖が有名なブラックロックは、スノーケルとスイミングに最適です。海面は普段おだやかで、多くの人々が泳ぎに訪れます。ところどころでは強い海流が発生するので注意が必要です。ビーチは大規模で長く、沿岸にホテルが建ち並んでいます。ライフガードがおりますが、滞在中のホテル内以外ではトイレは見つかりません。ブラックロック・マウイは、カアナパリビーチの中程西側にあります。珊瑚や色鮮やかな熱帯魚、荘厳なウミガメが群れをなすブラックロックでのスイミングやスノーケリング、スキューバダイビングは、どれも本当に素晴らしい経験となるはずです。ただし、崖から飛び込むダイバーにはくれぐれも気をつけて下さい!

 

カパルアビーチ

Kapalua Bayマウイで最も美しいビーチの一つに数えられるカパルアビーチは、典型的なトロピカルビーチの全てを兼ね備えた場所です。ここでのスイミング、スノーケリング、そしてスキューバダイビングはどれも最高です。もう一方のカパルアビーチはアイアンウッズです。こちらは普段あまり混んでいませんが、水質はスイミングに適しておりません。海岸の浅瀬は、浅い部分が長く続いています。特にウィンター・スウェルの間は、水中にいると非常に危険です。それでも、このビーチの絶景は言葉にならないほどです。


NEW: Maui Condo Rentals


ナピリ湾

Napili Beachナピリ・カイ・リゾートの隣に位置するナピリ湾は、マウイで最も美しい海岸湾の一つです。水面へと大きな傾斜で続く純白の砂浜が特徴。水質もよく、青色の美しい海水が楽しめます。またここはモンクアザラシの生息地でもあります。見かけた場合は、少なくとも15フィートは距離をとって下さい。湾のどちらの岸もスノーケリングに適しています。近隣リゾート施設に宿泊していない限り、車の駐車は困難です。また各種施設の使用についても、近隣住民とリゾート施設利用客に限定されています。

 

ラウニウポコビーチ公園

Launiupoko Beachラウニウポコビーチは、ロングボードサーファー達やピクニック客でにぎわっています。二つの駐車場エリアを持ち、ラハイナからの道を通じて容易にアクセスが可能です。火山岩でできた壁面に囲まれた自然水プールが備わっており、小さい子供連れのご家族に最適のビーチです。このビーチにはピクニック施設やトイレも完備されています。ラウニウポコはマウイの地元の人々からも人気です。

 

プアマナビーチ・カウンティ公園

ラハイナへと向かう道程のもう一つの素晴らしいスポットといえば、プアマナビーチです。ピクニックテーブルやバーベキューグリル、トイレといったあらゆる施設が完備されています。マウイのサーフスポットとしてロングボーダーに人気の高いパウマナビーチ公園ですが、スイミングやスノーケリングにも最適です。

 

ワイクリ州公園

スノーケルとスイミングに最適な場所といえば、ラハイナのワイクリ州公園に他なりません。バーベキューグリル、トイレ施設、ピクニックテーブルを備えたワイクリ州公園は、ご家族や友人との集いにもうってつけです。マウイの地元住民たちも、この素晴らしいロケーションと充実した施設を積極的に利用しています。

 

北(中)部マウイビーチ

カナハビーチ公園

Kanaha Beachカイトボーディングやウィンドサーフィンにぴったりのビーチです。カナハの午後の風は非常に豊かなので、そういったスポーツには理想的な環境です。スイミングや砂浜も楽しめます。バレーボールコートやライフガード、シャワー、ピクニックテーブル、トイレ等の施設も整っており、地元住民からも友人と過ごす場所として人気です。

 

カイトビーチ

KIte Beach世界最高峰のカイトサーフィン向けビーチとして有名なカイトビーチは、このスポーツ発祥の地でもあります。このビーチは空港の裏にあるので少し見つけづらいかもしれません。そこは美しい砂浜と、空を飛び交う無数のカイトで満ち満ちています。プロのカイトサーフィンを見学するのは楽しいですが、タオルを敷いて座る場所には気をつけて下さい。カイトの通り道を遮ってしまうと、ぶつかって怪我をする可能性もあります。

 

H.A. ボールドウィンビーチ公園

Big Beach広い砂浜を備えた公園をお探しなら、ボールドウィンビーチ公園へどうぞ。ここでは最高の砂質を誇る砂浜と美しい海水があなたをお迎えします。普段は強い風が吹いていますが、ご家族やお友達とスイミングをしたり砂浜で遊ぶのには最適です。ボールドウィンには赤ちゃん向けビーチも備わっているので、小さなお子様連れでゆっくりしたり、遊んであげるのにもうってつけです。ただし、沖では強くて危険な海流が発生しやすいため、注意が必要です。

ホオキパビーチ公園

Hookipa Beachハイクへと通じるハナ・ハイウェイ沿いのホオキパは、昼下がりの素晴らしいウィンドサーフィンスポットとして世界的に有名です。広々としたビーチでは、二つの比較的小さな入り江から入水が可能。ホオキパビーチ公園では各種施設も充実しています。トイレ、ライフガード、ピクニックエリア、大型の駐車場を備えたホオキパは、高波で世界トップクラスのサーファーが波乗りを競う様子を見学するのに最適な場所と言えるでしょう。湾は狭く海流が常に流れており、ホオキパビーチ公園で泳ぐのは危険です(泳いでいる人は全くみかけません)。サーフィンやウィンドサーフィンは、熟練者ならば良いですが、技術に自信が持てなければやめておいた方が無難でしょう。

 

ワイヘエビーチ

冬場のサーフィンが人気のワイヘエビーチは、小規模で狭めなので、少人数で楽しめる場所です。その為か、ほとんどの場合あまり混み合っていません。ビーチでのプライバシーを求める場合には、ワイヘエならば完璧です。

 

東部マウイビーチ

ホノマヌビーチ

Honomanu Beachホノマヌは、パイア地区のハナから少し離れた場所にあります。このビーチは、通常のマウイレンタカーですと少しアクセスしづらいかもしれません。四輪駆動車であれば、この美しい自然のままのビーチを見に行く事が可能です。切り立った崖と熱帯雨林のはざまにある入り組んだ湾内に位置するホノマヌは、黒い砂浜が特徴で周囲には人もまばらです。よいスウェルがあるときにここでサーフィンするのは最高でしょう。湾内の左岸は、島内でも一二を争う非常に危険な波が打ち寄せます。ですが、いくつか難点もあります。ハナへ向かう途中で離れた場所にあるので、この地域では車の盗難が多いのです。もし車の盗難にあってしまった場合に、路上で他の車が通り過ぎるのを待って電話を借りたりしなくてはならず、通報までに相当な時間がかかってしまいます。これらの要素があいまって車の盗難が後を絶たないのです。また、島内でも有数のサメ出現スポットでもあり、浅瀬は鋭利な岩場なので、泳ぐのには不向きです。

 

ハナビーチ公園

Hana Bayハナ湾は、湾内北部がサーフィンに適しており、マウイのハナにおける見所と言ってもよいでしょう。周辺はハワイアンカルチャーと様々な関連アクティビティが盛りだくさん。ライフガードが駐在いませんが、ハナ湾にはピクニックやトイレ施設がそろっています。スナックバーでおいしいものを食べながら、またはピクニックをしながら白熱のカヌーレースを観戦するには最高の場所です。

 

ハモアビーチ

Hamoa Beachハナを南の方に過ぎたあたり、ハネオオ通りからすぐの所にハモアビーチという非常に美しいビーチがあります。アラウ島をはじめとするトロピカルな景色にかこまれたハモアビーチは、訪れたものをみな虜にします。ハモアは、マウイの中でも良質なボディーサーフィンスポットとしても高い評価を受けています。ホテル•ハナ•マウイを過ぎたあたりから、歩道は傾斜がとても急になります。ハモアにライフガードはいませんが、充実したピクニックエリアと、ホテルとの共有トイレが備わっています。冬の間、またはイースト•スウェルが発生している間は、サーフィンを目一杯楽しむ事ができます。

 

カイハルル - 通称レッドサンドビーチ

Kaihalulu Beachハナ湾の南部、カウイキ丘の遠方には、マウイの隠れた秘宝の一つが眠っています。ビーチへのアクセスには、私有地を横切るので事前に許可が必要です。崖沿いの歩道は滑りやすく危険ですので、踏み外さないように気をつけて下さい。そこを抜けると、赤い崖にかこまれたビーチが眼前に広がります。砂浜は赤々として、全裸の人々を多く目にする事ができます。ビーチのすぐ外側には溶岩でできた防波堤があり、海流を最小限にとどめています。ホームレスが何人かこの地域で夜を過ごしていますが、それだけでなくここで純粋にキャンプを楽しむ人々もいます。僻地にある事もあってライフガードや各種施設はありません。予期せぬスリップで命を落とす事もあるので、崖には絶対に近寄らないで下さい。

 

ワイアナパナパ州公園

Waianapanapa Beachブラックサンドの砂浜なら、ワイアナパナパのホノカラニビーチこそマウイの最高峰と言えます。何と言ってもこの地域全域が非常に面白いのです。海底の巨大な洞窟から、伝説の海底彫刻まで、マウイビーチの中でも絶対に気に入る事間違いなし。波が浅瀬に打ち付けるので、泳ぐ場合には注意が必要です。緑の木々と漆黒の岩石、そして砂浜が、海の鮮やかな青色と目を見張るコントラストを生み出し、打ち付ける波の白さを引き立てます。 ワイアナパナパはマウイでも有数の絶景です。ハナへ向かう途中、是非このビーチへ足を運んでみて下さい。

あまりする人はいませんが、ここではキャンプも可能です。キャンプをする際は、事前にカフルイから許可を得る必要があります。ですが取得は一筋縄ではいかず、ワイアナパナパ州公園の事務員もあまり協力的ではありません。溶岩トンネルやビーチを散策するのは一般に開放されているので、よほど事前に綿密な計画を立てるのでない限り、キャンプについては忘れた方が得策です。オヘオグルチなら、面倒な事をしなくてもキャンプ場に申請するだけでキャンプを楽しめます。ワイアナパナパ州公園には大型の駐車場、ハイキング道、トイレ、ピクニックエリアを完備していますが、ライフガードはおりません。

 

コキビーチ

ハナとハモアビーチからほど近い、人気の少ない美しいビーチがコキビーチです。素晴らしい光景が広がる赤土の切り立ったビーチは、人は滅多に訪れません。観光客が少ない理由は、廃棄物や漂着物が多く見られる事にほかなりません。なぜ おおくのゴミがこのビーチに蓄積してしまうのか原因はわかりませんが、とても残念でなりません。

 

全てのMaui Photographyは、Natalie Brown Photography and Hawaii Web Groupの作品です。 著作権は著作者に帰属します。Japanese Translation provided by the good people at Kona Web Studios. Mahalo!

 


オーシャンアクティビティ

カヤック、セーリング、フィッシング、サーフィン、他にも盛りだくさん。

スノーケリングマップ

とっておきの情報が満載のカスタムマップで、スノーケリングに最適のスポットが探せます。

ウエディング用ビーチ所在地

結婚式に最適なマウイのビーチをリストアップしました。

ベストスキューバダイビング

カスタムマップで、あらゆる種類のダイビングスポットが一覧できます。

  • Maui Blog

    Maui Events September 2017

    Aug 28, 2017

    If you're planning your next trip to the tropics, be sure to browse our list of Maui events September 2017, ...

    The Connection Between Washington State and Hawaii

    Aug 22, 2017

    Many people who are familiar with both the state of Hawaii and Washington State have noticed the constant ba...

    The History of Hana Highway

    Aug 15, 2017

    Arrive on Maui and you’re bound to spot paraphernalia boasting “I survived the road to Hana.”   Treache...

    Wailea Marriott Resort Review

    Jul 31, 2017

    Despite a pretty miserable customer service experience that nearly ruined our staycation before it even bega...

    Maui Events August 2017

    Jul 31, 2017

    Summertime might be coming to a close, but Maui is open all year round. See our list of exciting Maui events...

 


最高のボートトリップを

Best Maui boat trips

マウイ周辺を回遊するおすすめ船舶を、10隻リストアップしました。

マウイ・ウェザーレポート

Maui weather report

直近の天気予報についてお伝えします。

マウイのサーフィン事情

surfing Maui

レッスン、ビデオ、サーフスポット、アドバイス、レポートなど



Sitemap | Blog | Terms | Newsletter | Contact © 2006-2016 Hawaii Web Group